「免震」構造こそ「強い家」

はじめに

1995年1月17日阪神淡路大震災から28年、2011年3月11日東日本大震災から12年、2016年4月14日、16日熊本地震から7年、その間に、新潟中越地震、大阪府北部地震、北海道胆振東部地震(2回)と、日本では28年間で8回も震度6以上の被害の大きかった大地震に見舞われています。

また、近年では30年以内の発生確率で首都直下地震が70%、東海地震が88%と大変高い数値になっており、いつ、大地震が起きても不思議ではない状況です。

このような状況の中、一日の半分は居る「家」の安全はどのような構造が最も被害が少なくなるのでしょうか?

ここに、一つの記録があります。それは、阪神淡路大震災で亡くなった方の死亡原因調査の結果です。窒息・圧死が約80%を占めていたのです。当時の報道映像では広がっていく火災がショッキングで焼死が多かったのでは、と考えがちですが焼死は約10%だったのです。

ここで注目すべきは、窒息・圧死は、家屋の倒壊によるものもそうですが、箪笥、本棚等の家具の下敷き、冷蔵庫、テレビ等の家電製品による衝突によるものも多かったということです。

これらのことから、「強い家」?「住民の被害を最小限にできる家」?「倒れない家、家具・電化製品が飛び回らない家」ということが言えます。

では具体的に「強い家」とはどういう家か見ていきましょう。

「強い家」とは?

地震に対して「強い家」というと、「耐震」「制震」「免震」という言葉をよく耳にします。それに関して述べる前に、もっと基本的なことを考えなければなりません。

それは、あなたが家を新築する時に考えなければいけないのは、

①揺れ(地震力)を家の中に入れる構造にする
②揺れ(地震力)をできるだけ入れない構造にする

かです。

①に該当するのが「耐震」「制震」構造になります。
②に該当するのが「免震」構造になります。

当然、ほとんどの方が②が良いと思うのではないでしょうか?つまり「免震」構造の家が最も「強い家」になるのです。では、それぞれについて説明します。

まず、「耐震」構造です。現在の建設会社、ハウスメーカーは「耐震」構造を勧めています。「耐震」構造は皆さんも町でよく見かけると思うのですが、建築中の住宅でコンクリート基礎上に埋め込まれたアンカーボルトでその上に載る上屋を固定する構造です。ですからこのアンカーボルトが切断されない限り、揺れ(地震力)は家に入ってきます。そのうえで、家が倒壊しないように柱と梁を金物でしっかり固定します。家の構造が、木造、鉄骨造、RC(鉄筋コンクリート)造であっても同じです。そして家の中に入ってきた揺れは、二階に行くと増幅されさらに大きく揺れるのです。

「制震」構造は、基本的には「耐震」構造と同じですが、揺れにより壁が変形するのを利用して、そこに減衰材(ダンパー)を設置し、揺れを吸収させるというものです。しかし、一方で変形しないように強固にしていながら、変形を利用する、という矛盾が起きます。なので、その効果も限定的と言わざるを得ません。

家屋の耐震構造の比較

揺れを家に入れる構造
揺れをできるだけ家に入れない構造

「免震」構造こそ「強い家」

前述の通り、「免震」は、地震による揺れ(地震力)をできるだけ家の中に入れない構造です。もし、「家」が宙に浮いていたら地震が起きても「家」は揺れないことは、誰でも想像できます。でも、それは現代では不可能です。「家」はやはり地面の上に置かなければなりません。

そこで「免震」なのです。その原理は、目玉焼きを想像してください。フライパンを振っても卵の位置は大きく変わりませんよね。これは、フライパンの面に塗られたフッ素樹脂(テフロン)により卵がその上を滑っているからなのです。つまり、卵を「家」、フライパンを「地面」と考えれば、「家」の下にフッ素樹脂で加工された鋼板があれば地震が起きたときに「家」はその上を滑り、振れが低減される、ということになります。これが「免震」構造の原理です。

いろいろな会社で免震住宅の実証試験が実施されていますが、大体、地面の揺れ(加速度)の70%減、30%程度まで減少しています。明確には言えないのですが、震度7が震度4程度に感じると言えます。もちろん、家具、電化製品が家中を飛び回るということは一切ありませんし、中にいた人は大きな恐怖は感じません。これこそが、最も「強い家」なのです。

「耐震」「制震」構造の
避けられない最大のデメリットと
「免震」構造のメリット

「耐震」「制震」共に、家は倒壊しません。なぜなら、2001年に施行された「品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)」で規定される“耐震等級1”(震度6~7の地震にも1度は耐えられる耐震性)、つまり建築基準法の耐震性能を満たす水準で建築しなければならないからです。しかし、問題はそこではありません。問題は“家の中”です。100%何らかの被害を受けるのは、“人の心”です。震度7で揺さぶられ、家中を家具、電化製品が飛び交う中にいて、人はどのように感じるのでしょうか?阪神淡路大震災では家の倒壊は防げたものの、激しい揺れに襲われた恐怖心、無力感が原因で心的外傷後ストレス障害(PTSD)になった被災者が大きな問題となりました。熊本地震では被災後、家の中に入ることが出来ず、車中で生活していた方がエコノミー症候群で亡くなっています。これこそが、「耐震」「制震」構造の避けられない最大の欠点なのです。

それに対して、「免震」は、揺れが大きければ大きいほど「滑る」という効果を発揮します。なので、どんなに揺れても震度4程度が最大です。ですから、家具、電化製品が家中を飛び回るということは一切ありませんし、中にいた人は大きな恐怖は感じません

これこそが、「免震」のメリットなのです。

このほかに、関連して以下のようなメリットがあります。
何度地震を受けても効果は変わらない
 
家屋が絶対に損傷、倒壊しない
 
家屋の下敷きにならない
 
家族に死傷者が出ない
 
家具などが倒れない
 
避難所暮らしをしなくて済む
 
仮設住宅に住んだり、アパートなどを探したり借りたりしなくてよい
 
仮設住宅に入れない、足りないで悩まなくてよい
 
家族が離れ離れにならなくて済む(親世帯と子世帯の分離)
 
地元を離れなくてもよい(地域の人とのつながりが続く)
 
高齢者が復興住宅で寂しい思いをしなくて済む
 
おじいちゃん、おばあちゃんもずっと我が家で暮らせる
 
生まれ育った歴史や家族の想いが詰まった家で暮らし続けることが出来る
 
2重ローンを組まなくても済む

「免震」の欠点を克服

このように、「免震」は最も「強い家」なのですが、欠点は、その免震にするための設備の費用が高いということです。勿論、予算が潤沢な施主さんなら問題ないでしょうが、一般庶民的には高いと言わざるを得ません。そこで、株式会社ビーテクノシステムが開発した免震材”NoahSystem”では、これまでの免震設備の約半分で免震住宅が実現可能になったのです。

結論

もし、日本中の「家」が免震住宅になったならば、この国で地震はそんなに恐ろしい自然現象ではなくなるのではないでしょうか。

「強い家」が守るのは、
「家(ハウス)」ではなく、「家族(ホーム)」なのです。

免震住宅・免震工法のノア・ホーム03-3460-8866東京都渋谷区笹塚1-29-3 SS-D 704号

お問合せフォーム